特定健康診査について -メタボリック症候群NAVI | 予防・対策編-



特定健康診査について


  2008年4月よりスタートした、特定健康診査をご存じでしょうか?
  これは40〜74歳の保険加入者全員が対象になっているもので、
  生活習慣病予防のための新しい制度です。メタボリック症候群
  が生活習慣病に大きく関わっていることから、メタボリックの
  検査にかなりの重点が置かれています。病気の人を見つける検
  査ではなく、病気になりそうな人を見つけて事前に防ごうとい
  う意図があります。

  メタボリック症候群は、ウエストのサイズと危険要因が重なっ
  ていることで確定されます。まず判断の基準となるウエストサ
  イズは、男性が85センチ以上、女性が90センチ以上は第一
  条件に該当することになってしまいます。お腹をへこませて自
  分で測る、ということはできませんので注意してください。

  これに、さらに悪玉コレステロールとグリコヘモグロビンの検
  査が加わります。動脈硬化の危険や血糖値を調べることによっ
  てどの程度肥満が深刻化を調べようというものです。血糖値の
  検査は以前もありましたが、その方法が改良され、糖尿病を早
  く発見することも可能になりました。

  メタボリック症候群とみなされると、それが知らされるだけで
  はありません。新しい制度によると、医師や管理栄養士と協力
  しながら目標を設け、改善のための具体的な行動を取る必要が
  生じます。ペナルティとして課されるわけではありませんが、
  かなり面倒なことになると感じる人も多くいます。あれこれ言
  われて生活を改めるより、自分から改善しておくほうが気持ち
  いいかもしれませんね。


当サイト人気コンテンツ


   ★ メタボリックの危険
   ★ 子どもとの関係
   ★ 特定健康診査について
   ★ その他対策いろいろ