メタボリックと健康診断 -メタボリック症候群NAVI | 予防・対策編-



メタボリックと健康診断


  メタボリック症候群は、きちんとした健康診断を受けなければ確定
  しません。また、健康診断を受けないと自分がどのくらい危険なの
  か、あとどれくらいでメタボリックになるのか、どんなことに特に
  注意すればいいのかを知ることもできません。ですからまずは定期
  的に健康診断を受ける習慣を身につける必要があります。もしも
  40歳以上で、職場による健康診断がない場合は、基本健康診査を
  自治体ごとに受けることができます。最寄りの役所で確認してみて
  ください。

  健康診断の受診率は、サラリーマンなら8割以上だと言われています。
  できれば全員診断できる環境が必要ですが、まずますの数字です。
  主婦や自営業など職場から促されることがない立場の人はほとんど
  受診していないのが現状のようだからです。メタボリック症候群や
  関連する生活習慣病は、基本的には自分では気づかないうちに進行
  していきます。忙しいとしても、時間を作るようにしましょう。

  2008年4月から、メタボリック症候群に焦点を合わせた新しい健康診断
  が始まっていることはご存じでしょうか? 新しい医療制度改革の
  一環で、これからも少しずつ制度が改良され整えられていくようです。
  ウエストの計測が必須になってメタボリックの有無を調べ、その程度
  に応じて保健指導されることになります。ただ検査するだけではなく、
  その後どのように改善していくかも重視されていますので、メタボリ
  ック対策に真剣に取り組む人も増えていくことでしょう。


当サイト人気コンテンツ


   ★ メタボリックの危険
   ★ 子どもとの関係
   ★ 特定健康診査について
   ★ その他対策いろいろ